金子建設の取り組み

国産無垢極太柱で建てる家

わが社では「地域社会に貢献する会社」を目指して社員一丸となって取り組んでおります。

自然の素材である「木」の素晴らしさを伝え環境問題への意識を子ども達に持ってもらう為、子ども目線働きかけをしています。
木の年輪すら見たことの無い子ども達にまずは日本の伝統的遊び「けん玉」等を通じ、遊びながら木材に触れ、その良さを体感してもらう事から始めています。

また、近隣の小学校にボランティアで出前授業を行ったり、夏休み期間中には希望者を募り、親子で一緒に参加してもらう「親子木工教室」の開催の恒例になって皆さんから好評いただいています。「木材に親しみを持ち、その良さや特徴を学ぶこと」などを通じ、自然環境や生活環境についてもっと興味をもってもらいたいと考えています。

又、トレサビリティーの観点より、森林認証材を利用することにしています。
森は、循環されてはじめて機能をします。私達は、しっかり森の循環が行われて管理されている「SGEC」材の使用を推進しています。

【「チームE95」とのコラボレーション】
我が社ではこの度、「お客様の満足度95%をめざす"チームエシカル95"」とコラボレーションしました(http://www.housetex.co.jp/)。このチームエシカル95と金子建設が役割分担することで、お客様と工務店の双方がお互いに心地よく納得出来る「えんまんかかく」の仕組み作りに成功しました。

【環境に優しい森林認証SGECへの取り組み】
我が社では日本の森を守り、将来にわたって木を使っていけるような仕組みである森林認証SGECの認定を取得しました。SGEC森林の木は産地が明確でトレーサビリティが確実です。森は、循環されてはじめて機能します。私たちは、しっかり森の循環が行われ、管理されている「SGEC認証材」の利用を推進します。

写真をクリックすると拡大されます