ものがたり

会社案内

私の先々代にあたる祖父の巳之助は、明治38年に生まれその親は鳶職、農業など何でもこなせる人だったそうです。

大正12年関東大震災を機に大工になろうと矢部野氏(現洋光台)に弟子入りし、住宅、神社を手掛け昭和2年に独立、起業しました。

独立後、近隣の仕事をしながら農協の港南支所の建築や横浜博覧会の鉄骨タワーを鳶職、大工を数十名集め施工したそうです。しかし当時は年間を通しての仕事はなく、稲作農業を手伝っていたと現社長は話します。

写真をクリックすると拡大されます

社長他

  • 終戦後何でも仕事をこなしていた。
  • 先代が工兵隊に所属したこともあり土木工事を始め、建築、左官、農業も行なっていた。
金子
  • 何の仕事でもまじめに誠実にこなしていった。
  • 基礎にはこだわって念入りに作っていたので、現在のお客さまに壊すのが大変とよく言われた。
  • 手抜きをせずきっちりとした仕事をする。